この記事は、光 Advent Calendar 2014 - Adventarの15日目の記事です。

何を書くか非常に迷ったのだけれど、自分が思っていることをダラダラ書いてみる。

Web業界のイメージや現状について

Web業界って言い方でいいのか分からないが、WebデザイナーやWebエンジニアなどの職業のことを指してると思って下さい。

転職するまでと直後のイメージ

まだこの業界に転職してきて2年半と数ヶ月くらいなわけだけど、転職する前は正直いいイメージがなかった。 僕自身がイメージしてたことを簡単にまとめると、

  • 薄給
  • 徹夜
  • 毎日終電
  • 土日出勤

上記のようなことが当たり前のような世界だと思っていた。’The闇’って感じです。

いざ経験してみるとそこまででもなかったけど、 それでも毎日終電の時期だったり、僕も徹夜はしたりしたことがあって「まぁこんなもんか」って感じだった。思ってたほど悪くもないが、よくもないイメージ。
※自分だけではなく、色んな人の話を聞いた上での総評です。

現状について

まず、自分自身のことについてはあまり話せないで、申し訳ないですが省略させてもらいます。

直近感じていることは、徐々に光が差してきたなと。

例えば、

  • 定時退社を謳う企業
  • リモートワークの取り入れなど多様性のある働き方
  • デザイナーやエンジニアの台頭

などなど、以前では考えられなかったようなことが目立つようになってきた。 これは、個人的には素晴らしいことだと思っている。

僕らは世の中を豊かにするために働いている(広義で)のに、それで自分自身の生活が乏しくなってしまったら何の意味もない。

だからこそ、自分達の力で光を照らすように働きかけていかなくてはならない。

今後のこととか

それでもまだ、前述したような企業はほんのわずかだと思うので、これからそういったような企業がもっと増えていってほしいと思う。

また将来的には、自分自身も人が安心して働けるような場所をいつか作っていきたい。

全体的にかなり駆け足になってしまいましたが以上です。
※定期的に文章書かないと全然書けなくなりますね。

明日は、ozpaの表4OZPA(おつぱし)さんです。