マークダウン記法で書かれたものを表示するツールはたくさんありますが、愛用しているエディタSublime Text2で完結させたかったので、Markdown Previewというパッケージを使用しています。

以下のページを参考にさせていただきました。

コードで一言: SublimeText2でMarkdownをプレビューするプラグイン

Markdown Previweの使用方法

まず、cmd(ctrl)+shift+pでinstall packageを選択し、該当するパッケージをインストールしましょう。 次に、他のキーバインドと競合しないように、キーバインドを自分の使い安いに変更しましょう。

[ { "keys": ["alt+m"], "command": "markdown_preview", "args": {"target": "browser"} }]

僕は、参考サイト通りにalt+mを指定しています。

基本的な準備は以上です。あとはST2でマークダウン記法で記述し、先に指定したalt+mを入力すると、ブラウザ上でプレビューしてくれます。

デフォルトのCSSを編集したい場合は、 Preferences > Package Settings > Markdown Preview > Setting-Default(Setting-user) を選択し、以下の画像で指している部分に、指定するCSSへの絶対パスを記載してあげましょう。

Sublime Text2 マークダウンのCSSのパス指定箇所

以上となります。 マークダウン記法はメモや議事録を取るのに非常に便利なので、使用したことない方は是非これを機に使ってみて下さい。


※この記事は WordPress に投稿した記事を変換したものです。一部不自然な表示があるかも知れません。ご了承ください。